Pocket

法テラス 契約弁護士 

離婚を考えた時、まずは弁護士に相談するのが賢明です。しかし費用が心配・・・そんなとき、頼りたいのが法テラスです。無料で相談に乗ってくれて、的確なアドバイスももらえるので、まずは話を聞いてもらいましょう。



法テラスへはメールか電話で相談を

離婚を考え始めたけれど、法テラスでいきなり上手に話せるか心配な方もいるかとおもいます。そういった方は、まずは電話かメールで相談してみましょう。

法テラス電話番号:0570-078374(おなやみなし)

法テラスメール相談:法テラスメール受付

電話は平日の9:00~21:00、土曜日9:00~17:00と時間が限られていますが、メールは24時間受け付けてくれていますので、お仕事の関係で電話ができない人にも利用しやすくなっています。

法テラスの無料法律相談を利用したい場合はシミレーションを!!

法テラスの無料法律相談(同一案件につき3回まで)を利用する場合は、収入などの条件を満たしていなければなりません。いざ相談に行ったものの、条件を満たさず無料相談できなかった、ということがないように、事前に条件を確認してみましょう。

法テラス要件確認体験ページ

上記のページで、無料相談ができるかどうかシミレーションできるので、ぜひお試しください。



法テラスが遠い場合は契約弁護士や契約司法書士のところへ

私は、行ける範囲に法テラスがあるにはあったのですが、交通アクセスが微妙で、契約弁護士の事務所で相談することにしました。

契約弁護士の無料法律相談を受ける方法

法テラスのホームページから、お近くの法テラスへ進み、お住まいの都道府県をクリックすると、右側に契約弁護士の名簿へのリンクが貼っています。※一部都道府県には載っていませんので、その場合は本テラス電話にてお問い合わせください。

契約弁護士の事務所に電話し、ご希望の弁護士の名前と「法テラスのホームページを見て電話している」旨を伝えます。

私は離婚調停に強い女性弁護士をお願いしたかったのですが、予約が数週間先まで取れないということで、若手の弁護士さんにお願いすることになりました。

指定された日時に直接契約弁護士の事務所へ行き、簡単な書類を記入してから、相談が始まります。

法テラスの事務所で相談していた知人は、時間がきっちりしていて、聞きたい事があっても途中で終わってしまい、次回また~となったそうです。一方私が相談に行った弁護士事務所は少し時間がオーバーしたものの、最後まで質問に答えてくれて、おかげで1回の相談で済ますことができました。弁護士事務所のスケジュールによると思いますが、融通が利いてとてもありがたかったです。

近所の弁護士事務所だと、後々調停や裁判で弁護士が必要になった時、お願いしやすいというメリットもあるので、契約弁護士もぜひ検討してみてください。

弁護士に相談するとき用意したいもの

限られた時間の中で、聞きたいことを全て聞くのはなかなか難しいです。そこで必ず用意したいのが、「質問リスト」です。

これだけは聞いておきたいこと、時間があれば聞きたいことなど、重要度別にまとめておくと、時間を無駄にせずに済みます。

また、この際に相手がどういう出方をしてくるか分かっていれば、対応の仕方を少しでも聞いておくといいでしょう。

私は前夫の不倫の証拠などをリストにまとめたうえ、申立書のコピーも持参したので(わが家は、前夫が有責配偶者なのに、前夫が調停の申し立てをしまして、提出前の書類が部屋に置いてあったので、全てこっそりコピーしました)全て見てもらいました。「間違いなく私の言い分が通る」「私に落ち度はないから、弁護士を雇わなくても大丈夫」とお墨付きをもらい、ほっとして家路につきました。

その他、筆記用具やメモ帳も忘れずに持っていきましょう!!

無料法律相談を無駄にしないように

法テラスの無料法律相談は3回限りです。調停の申し立てする際、もしくは申し立てされた時に相談に行くのもいいですが、もし相手の考えが分からないときは、1回目の調停の後から相談に行くのもおすすめです。

また法テラスではなく、一般の弁護士事務所が「初回の相談は無料」などのキャンペーンをやっている場合もあるので、そういったものをうまく利用するのも手です。